【ビデオ】マツダの新型「アテンザ」に搭載される先進安全技術を、幻想的な映像でご紹介!
マツダは、新型「アテンザ」に搭載される先進安全技術「i-ACTIVSENSE」について、その各機能を紹介するビデオを制作。YouTubeの公式チャンネルで公開した。よくあるような技術解説のみに終始した味気ない動画ではなく、ちょっと幻想的な映像に仕上がっているので、是非ご覧いただきたい。

マツダから間もなく発売されるミディアム・クラスのサルーン&ワゴン、新型「アテンザ」については、クリーンディーゼルをはじめとする「SKYACTIV」テクノロジーや、躍動感を表現した「魂動(kodo)」デザインが話題になっているが、実はもう1つ、注目すべき要素がある。それが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる数々の安全技術だ。



i-ACTIVSENSEとは、クルマに搭載されたミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いて、ドライバーの認知支援および被害軽減を図るマツダの先進安全技術の総称であるとのこと。先行車や道路上の白線を検知して危険を事前にドライバーに知らせる「アクティブ・セーフティ」技術と、自動ブレーキによって衝突被害を回避または軽減する「プリクラッシュ・セーフティ」技術によって構成されている。

まずビデオに登場するのは、「ハイビーム・コントロール・システム」。
先行車や対向車を検知し、ヘッドランプのハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれるシステムだ。



さらにこのヘッドランプには、ステアリングの角度と車速に応じて自動的にランプ・ユニットの向きが変わるという「アダプティブ・フロントライティング・システム」も搭載。カーブや交差点などでは、進行方向を早めに自動的に照らしてくれる。



続いて、長い直線道路を走行中に紹介されるのは「車線逸脱警報システム」。道路上の白線を検知し、うっかり車線からはみ出してしまいそうになるとドライバーに警告を与えるという。



前方に注意を注いでいても、危険は横の死角に潜んでいるかも知れないし、あるいは後ろから迫ってくるかも知れない。「リア・ビークル・モニタリングシステム」は、左右のレーンや後方からの接近車両を検知し、車線変更時の危険を知らせてくれる。



また、どんなに気をつけて運転していようとも、注意力の中に一瞬の空白が生まれる危険性は否定できない。「スマート・ブレーキ・サポート」は、前方に衝突の危険がある場合、それを検知して自動ブレーキによる減速を行う。4〜30km/hの低速時なら自動的に車両を停止させる。



以上がビデオに登場するi-ACTIVSENSEの技術だ。他にも、AT車におけるブレーキとアクセルの踏み間違いを防止する「AT誤発進抑制制御」や、レーダーを使って先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で設定した車間距離を調整・維持する「マツダ・レーダー・クルーズコントロール」などが含まれる。

ただし、これらの機能は新型アテンザのセダン・ワゴンとも、上級グレードの「L Package」にしか標準装備されないようだ。"自分で気をつけるからそんなもの要らないので少しでも価格が安い方がいい" という方にとっては好都合かも知れないが。もちろん既存の安全装備である「DSC(横滑り防止装置)&TCS(トラクション・コントロール・システム)」やカーテン&フロントサイド・エアバッグは全車に標準で装備されている。



人間は時として、信じられないようなミスをすることがあるもの。テクノロジーによってそれが避けられるのなら、ドライバーだけでなく周囲の人々にとっても幸いだ。だが、それが革シートや19インチ・タイヤとセットでないと装備できないというのであれば、それはちょっと残念なことではあるまいか。出来るだけ手頃な価格で全てのグレードにオプション装着できるようになることこそ望ましいはず。間もなく発表される新型アテンザの装備設定に期待したい。


新型アテンザについての詳しい情報は、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

【MAZDA】新型マツダアテンザ





【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】新型アテンザの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!