【レポート】「実際には160km走れない!」 米で日産「リーフ」に集団訴訟
米国アリゾナ州とカルフォルニア州に在住の日産「リーフ」のオーナ-が北米日産を相手取り、集団訴訟を起こしたというニュースが入ってきた。

カルフォルニア中央地区連邦地方裁判所に提出された訴訟状によると、原告団は「日産はリーフの航続距離を約160kmとしているが、これはフル充電した場合だけ。実際にはバッテリーの負荷を減らすため、充電は80%以下に留める必要がある。日産はこのことを購入予定者に明らかにしていなかった」とし、バッテリーの交換や原告が被った修理費の賠償を求めている。これに対して、北米日産は「電気自動車の航続距離とバッテリーの寿命に関しては、ウェブサイトやマニュアルなど、あらゆるメディアを通じて伝えてきた。世界中で38,000台を販売してきた中で、リーフに満足していない購入者は、極一部だ」と反論している。

9月末には、アリゾナ州でバッテリーの消耗が早すぎると訴えていたリーフのオーナー2人に対し、消費者保護を目的としたレモン法に則り、2台のリーフを買い戻した日産。バッテリーに関する問題はまだまだ終わりを見せていない。日産の声明について、さらに詳しく知りたい方はプレスリリース(英語)をチェックしてほしい。

Related Gallery:2012 Nissan Leaf Photos


By Jon LeSage
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】 rakugakidou.net
【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】リーフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!