リチャードとジェームズのギャラが大幅アップ! 『トップギア』の3人が出演契約を更新
イギリス紙『The Guardian』は、BBCの人気自動車番組『トップギア』で司会を務めるジェレミー・クラークソン、プレゼンターのリチャード・ハモンドジェームズ・メイが、出演契約を3年間更新したと伝えた。ギャラの面で出演交渉が難航していると噂されていた契約更新だが、これであと3年はお馴染みの顔ぶれで番組を楽しめることになりそうだ。

同紙によると、トップギアは世界中から入ってくる放映料やDVDの売り上げなどで巨額な収益を上げているが、番組の権利はBBCとジェレミー、同番組プロデューサーのアンディ・ウィルマンが2006年に設立したBedder 6という会社にあるという。そのためリチャードとジェームズの2人は、いくら番組がヒットしても番組への出演料しか貰えないことに不服を示していたそうだ。そこでBBCは、ジェレミーとプロデューサーが保有するBedder 6の株を全て買い取り、出演者と現在4人となっているプロデューサーたちで納得のいく契約を結び直すことにしたという。詳細は不明だが、リチャードとジェームズは、ワールドワイドに番組のプロモーション活動を行なう代わりにBBCの海外での収益の一部を受け取ることが出来るという条件になり、ギャラも大幅アップになったという。気になるジェレミーはというと、約4,500万円といわれる出演料と番組のロイヤルティーを足して、今年は4億円もの収入があると思われるが、今回どのような契約を行なったかは不明だ。

国営放送が製作する番組の司会者にハリウッドスター並みの出演料を払っていることには英国内でも批判の声もあるが、BBCは番組の出演者及びプロデューサーとの契約には「国民の受信料は一切使っていない」と強調している。何はともあれ、2013年1月に再開する新シリーズに期待したいところだ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】 rakugakidou.net
【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】トップギアの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!