【パリモーターショー2012】フロントデザインが新しくなったトヨタ「ラクティス」
先週から始まったパリモーターショーで、モデルチェンジした2013年型 トヨタ「Verso」(ヴァーソ)が発表された。

Versoは2010年にヨーロッパで発売された小型MPVで、当時は快適性と安全性が話題となった。新型は、外観のデザインが大幅に一新され、ヘッドライト、LEDデイタイム・ランニングライト、テイルライトなど細部にわたって、最新技術が採用されている。また、インテリアには、ナッパ・レザーなどの素材を多用することにより、温かい質感を演出すると同時に、ライティング周りを縁取るサテン・クロームが洗練された都会的印象を与えている。

トヨタによると、この新型Versoの2013年の販売目標は5万台とのこと。これは、欧州市場におけるCセグメントのミニバン市場の5パーセントにあたり、トヨタの同車に対する期待が伺える。

それでは早速、新しくなったVersoをギャラリーでチェックしてみよう。さらに、詳しい内容はプレスリリース(英語)で確認してほしい。

Related Gallery:HTC Inspire 4G for AT&T hands-on


By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】トヨタ「ラクティス」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!