【CEATEC JAPAN 2012】日産が開発する未来のEVは、クルマが自動で駐車スペースへ!
日産は10月2日に千葉市の幕張メッセで開幕した「CEATEC JAPAN 2012」において、「自動運転機能」を搭載したテストカー「NSC-2015」を発表。デモンストレーションを行っている。

電気自動車「リーフ」をベースに、次世代ITと自動運転機能を搭載したというNSC-2015は、自ら周辺の環境を認識して自立走行する、本当の意味での "自動" 車だ。それを可能にするのは、車両全周カメラによる周辺環境認識技術と4Gモバイル通信による車両遠隔モニタリング・システム。これによってどんな便利な未来が実現するのかというと、例えばこんな感じだ。

ドライバーは目的地の施設の入り口までこのクルマに乗っていく。そこでクルマを降りスマートフォンから指示を送ると、NSC-2015は周辺環境を認識しながら駐車場の空きスペースを探し、自分を駐めることが出来そうな駐車エリアを見付けて、自動的に駐車枠に沿って駐車を開始するというのだ。

以下の連続写真、運転席に乗っている人は、ステアリング・ホイールやペダルに触れていないそうである。





また、施設で用事を済ませたドライバーは、今度は建物の入り口のところからスマートフォンを操作すれば、NSC-2015は自動的に駐車スペースから発進し、ドライバーの元へ迎えに来てくれるという。

さらに駐車中は搭載されたカメラによる「セキュリティカメラシステム」が自動的に起動。車両周辺の不審者や不審な動きを感知すると、ドライバーのスマートフォンに自動通報を行うという機能もある。

まさしく忠犬自動車。車庫入れが苦手な人にとっては駐車場が狭いお店などに行くことも憂鬱ではなくなることから、実用化が待ち遠しいに違いない。名前の通りなら、2015年には現実のものになるのかも。


Related Gallery:Dell Venue screenshots


【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】NSC-2015の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!