【CEATEC JAPAN 2012】三菱の「アウトランダー PHEV」は、電気が主役のプラグイン・ハイブリッド!
三菱自動車は、幕張メッセで現在開催中の「CEATEC JAPAN 2012」に、「アウトランダーPHEV」を出展している。2012年秋に発売予定の新型「アウトランダー」をベースにしたプラグイン・ハイブリッドカーだ。

プラグイン・ハイブリッドとは、エンジンとバッテリーおよび電気モーターを搭載するハイブリッドカーの一種だが、モーターが主にエンジンのアシストを行う通常のハイブリッドカーに対し、家庭用電源から "プラグを差し込んで(=プラグイン)" 充電可能な大容量のバッテリーを搭載し、電気の力だけで比較的長い距離を走ることができることが特徴だ。



三菱自動車初となるプラグイン・ハイブリッドカー、アウトランダーPHEVには、独自に開発した「プラグイン・ハイブリッドEVシステム」が搭載され、12kWhという大容量のリチウムイオン・バッテリーによって、JC08モードで55km以上の距離を「EV走行モード」すなわちエンジンを使わず電力のみで走行可能だという。これは「一般ドライバーの約85%が1日に走行する距離」を上回るそうだ。

バッテリー残量が少なくなったり、急勾配の登り坂や全開加速時には、フロントに搭載された排気量2.0リッターの直列4気筒「MIVEC」エンジンが始動。クルマの原動力(の一部)になると同時に、ジェネレーターを介して発電機としての役割も果たし、バッテリーを充電する。いわばエンジンはモーターのサポート役であり、基本は(例えエンジンが発電のために動いていたとしても)電気によって走行する "電気自動車" なのである。



また、高速走行時には電気よりもガソリンを使うほうがエネルギー効率が高いため、エンジンが「トランスアクスル」と呼ばれる固定ギア比のギアボックスを介して前輪のみを駆動。追い越し時などにはモーターが後押しする。トランスアクスルのギア比は「通常のトランスミッションでいえば5速相当くらい」とのこと。低速時はモーターによって駆動するため、エンジンは高速専用ギア比でまったく問題ないのだ。いわゆる「変速機」は積まれていない。

最高出力60kW(約85ps)のモーターは前後に1個ずつ積まれ、それぞれ前輪と後輪を駆動する。もちろん走行状況によってその駆動配分は可変するという、SUVらしいフルタイム4輪駆動だ。



そんなほとんどの走行を電気のみでこなしてしまうアウトランダーPHEVの燃費は、JC08モードで61km/h以上。燃料タンクとバッテリーを合わせれば、航続可能距離は880km以上にもなるという。200ボルトの家庭用電源によってフルにバッテリーを充電すると約4.5時間かかる。急速充電器なら80%まで約30分で充電可能だ。

車両重量はエンジンのみのアウトランダーよりも約270kgほど重いとのこと。しかしバッテリーは床下に積まれているため、ルーフ高や着座位置が高くても重心は低いから「(オンロードでも)走りは良いですよ」と三菱の方は仰っていた。前後重量配分は50:50になっているそうだ。

ベース車の(エンジンのみ搭載の)新型アウトランダーが今年の秋に発売された後、やや遅れてPHEVは2013年初めに市販化を予定しているという。



電気自動車には付きものとなる航続可能距離の心配がなく、内燃機関のみを搭載する自動車や多くの市販ハイブリッドカーよりも遙かに低燃費。そしてSUVならではの実用性や4輪駆動による高い走破性も兼ね備えている。価格次第によっては大ヒットしそうなアウトランダーPHEVで、かつてパジェロやパリダカ参戦で鳴らした「SUVのミツビシ」というイメージが戻るかも知れない。

それでは、今後登場する三菱のSUVは、みなPHEVになるのだろうか?

「それはちょっとすぐには難しいです。というのも、トランスアクスルはこのクルマ専用に造られているので、車両重量やホイール径などが異なるクルマに使おうとすると、ギア比を専用にまた作り直さなくてはならない。これが結構大変なので(笑)。方向性としては考えていますけれど、まずはこのクルマ(アウトランダー)を出してから、ということになりますね」

価格はまだ発表できないけれど、「iMiEV」よりは当然高くなるとのこと。「でも補助金もありますから、決してびっくりするような値段にはならないと思います」ということだった。どこへでも、どこまでも乗って行ける電気自動車をお求めの方は、来年の発売をお楽しみに。


Related Gallery:Nikon Coolpix S9100 press images

 
Related Gallery:Rodarte 'Star Wars' Fashion




【PR】アウトランダーPHEVの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!