【パリモーターショー2012】新型の「911カレラ4」と「911カレラ4S」がお披露目!
ポルシェは9月27日に開幕したパリモーターショーで、ポルシェ「911」の4輪駆動モデルとなる新型の「911カレラ4」と「911カレラ4S」を公開した。左右のテールライトを結ぶ赤いガーニッシュと、標準モデルの911に比べ、左右それぞれが22mm拡大したリアフェンダーと、10mmワイドになったリアタイヤが来場者の目を引いている。

911カレラ4シリーズは、それぞれにクーペとカブリオレが用意されており、トランスミッションは、クーペが7速MTと7速PDK、カブリオレが7速PDKとなっている。 カレラ4、4Sともに最大65kg軽量化され、特に4Sクーペは0-100km/h加速で4.1秒を実現しているという。また、パナメーラ4などに標準装備されている路面状態に合わせて前輪と後輪に最適なトルク配分を自動で行うポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)を搭載。ドライバーは、メーターパネルで現在のトルク配分の状態を確認することが可能だ。

日本での販売価格は、「911カレラ4クーペ」で1,265万円から、「911カレラ4Sカブリオレ」は1,774万円からとなっている。ぜひ、パリモーターショーでの高画質なギャラリーをチェックしてほしい。

Related Gallery:HTC Freestyle for AT&T hands-on

Related Gallery:Nexus S 2.3.3 update adjusts screen's color temperature, we go eyes-on


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】911カレラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!