【パリモーターショー2012】「パナメーラ」ベースの最新ハイブリッドモデル(ビデオ付き)
現在開催中のパリモーターショーでポルシェが発表したプラグインハイブリッドのコンセプトカー「パナメーラ・スポーツツーリスモ」をご紹介しよう。

このスポーティかつ機能的なコンセプトカーは、「パナメーラSハイブリッド」などに使われているハイブリッドシステムを進化させた"e-hybrid"システムが採用されている。このe-hybridは、通常走行ではモーターでの走行が優先される仕組みだが、ボタン一つでそれが解除できるという今までのハイブリッドシステムをさらに改良した仕組みとなっている。

このプラグインハイブリッドには、リチウムイオンバッテリーが採用されており、2時間半でフル充電が可能だという。0-100km/h加速は6秒以内となっており、電気モーターのみでの最高速度は130キロ、航続距離は30キロを誇る。エンジンは最高出力333psのスーパーチャージャー付き3.0リッターV6。95psを発揮する電気モーターと合わせた総出力は416psになるとのことだ。

インテリアに目を移すと、運転席前方には様々なデータや情報が表示されるTFTカラーディスプレイが配備されている。また、このディスプレイの左右にあるモニターにはサイドミラーの代わりにつけられた"ドアミラー"カメラからの画像が映されるという。センターコンソールには新型タッチディスプレイが設置され、e-hybridシステムもこのディスプレイで起動させることができるという。

それではパナメーラ・スポーツツーリスモの美しいシルエットをビデオでチェックしよう! さらに詳しい内容はプレスリリース(英語)で確認してほしい。

Related Gallery:Dyson Air Multiplier AM0203 annouce

Related Gallery:Dyson Air Multiplier AM0203 annouce



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】パナメーラ・スポーツツーリスモの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!