【パリモーターショー2012】スバル「BRZ」のコンセプトモデル「XTラインコンセプト」
スバルが80年代のスポーツクーペ「XT(日本名:アルシオーネ)」を意識してカスタマイズした「BRZ」のコンセプトカーをパリモーターショーに出展した。今回は、その画像をご紹介しよう。

「XTラインコンセプト」と名付けられたこのBRZは、ルーフパネル、デッキリッドスポイラー、ミラーキャップにカーボンファイバー製パーツが使用されているのが特徴。また、ブラックの11本のスポークホイールの間から赤いブレーキキャリパーが見える。さらにフロントエンド、フェンダーベント、Cピラーには、同車のロゴである"XT"の文字が入ったデザインが施されている。

インテリアを見ると、ロゴ入りの赤いレザーシートが採用されており、インパネやドアパネルの一部にカーボンが使用されているのが分かる。

このBRZはどちらかというと、カスタムカーが集まるSEMAショーのほうが合っているような気がするが、せっかくなのでそのカッコいい姿をチェックしてみよう。

Related Gallery:Subaru BRZ XT Line Concept Paris 2012 Photos


By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BRZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!