【ビデオ】往年の名レースカー「シルバー・アロー」が、名レーサーたちともに大集合!
今回は、イギリスのクラシックカーの祭典、「グッドウッド・リバイバル」に集結した、オリジナルの「シルバー・アロー」の映像をお届けしよう。

シルバー・アローといえば、第二次世界大戦前に活躍したシルバーカラーのレースカーで、メルセデス・ベンツが誇る代表的なレースカーだ。そのシルバー・アローのイギリスへの登場75年となる今年を記念し、フェスティバルの開催者であるマーチ伯爵がオリジナルマシンを一堂に集結させた。

10台のシルバー・アローが一堂にそろうのは初めてのこと。しかし圧巻なのは、往年の名レーサーであるジャッキー・スチュワートをはじめ、ヨッヘン・マスやカール・ヴェンドリンガーといったレーサーたちがグッドウッド・サーキットでそのハンドルを握り、エンジン音をとどろかせたことだ。中には、最大出力400psを超す、4.3リッター直列8気筒エンジンを搭載したかつてのレースカーであるメルセデス・ベンツ「W25」のハンドリングを、マス氏がフォルクスワーゲン「ビートル」に例えるといったシーンもあったようだ。

ノスタルジックな雰囲気があふれるフェスティバルの様子と併せて、早速シルバー・アローの姿をビデオでチェックしてみよう。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してポルシェやランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】新型ゴルフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!