【ビデオ】警察vsスタント好きバイカー! 封鎖された道路上で行われたバトルの数々!!
今回は、スタント好きのバイカーが集う「Streetfighterz Ride of the Century」というイベントに警察が大挙しておしかけ、道路を封鎖した上で取り締まりを行ったことに、米国内で賛否両論が巻き起こっているというニュースをご紹介しよう。

このイベントは毎年ミズーリ州セントルイスで開催され、全米中から集まったライダーたちが、公道で様々なバイクスタントを見せることで有名だ。実際に今年の参加者がYouTubeにアップロードしたビデオを見ると、おびただしい数のバイクが集まり、ジグザク走行やウィリーを行っている。

そんな状況を苦々しく思っていたのか、今年は州のハイウェイ・パトロールとセントルイス郡警察がいつもの年より取り締まりを強化。道路を封鎖した上で、交通違反の切符を切ろうと一斉にバイカーたちに向かっていったようだ。地元のテレビ局、KSDKによると、この取り締まりで32名が逮捕され、155枚の交通違反キップが切られたという。その一方で、「警察の対応は行き過ぎで危険なものだったのでは」との意見が多く出ている。というのも、2本目のビデオにあるように、今年はパトカーがバイクに接触してライダーを強制的に止める場面が多く見られたためだという。

では早速、ビデオをチェックして頂きたい。ご意見がある方は是非コメントを!






By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してアルピーヌやチンクェチェントのミニカーを当てよう!!
【PR】警察の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!