「日本人は皆殺し!」の横断幕を掲げた中国のアウディディーラーに米でも批判の声
日本政府による尖閣諸島の国有化の発表以降、連日のように報道された反日デモや日系企業に対する破壊、略奪行為のニュース。なかでも9月17日に中国のアウディディーラーが「我々は自分たちを犠牲にしても日本人を皆殺しにする! たとえ国家が滅亡しても釣魚島(尖閣諸島)を取り返す!」という横断幕を掲げたというニュースは、日本でも大きく報道された。

この問題に対し、アウディジャパンはすぐに謝罪を発表。アウディ本社も「我々はいかなる政治的活動にも関与しない。(今回の行為は)受け入れがたい」とコメントした。しかし、このアウディ本社の対応に対し、日本ではもちろん、台湾やアメリカでは「アウディ本社はこの件をもっと深刻にとらえ、きちんと謝罪すべきではないのか」との批判の声がネットを中心に現在も数多く上がっている。

現在は終息の様子を見せている反日デモだが、二度とこのような行為が起こらないことを望んでやまない。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】 rakugakidou.net
【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してアルピーヌやチンクェチェントのミニカーを当てよう!!
【PR】アウディの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!