パリモーターショー
への出展が決まっているBMW「コンセプト アクティブ ツアラー」のインテリア画像が公開されたのでご紹介しよう。

インパネには10.25インチディスプレイ、中央には8インチのセントラルインフォメーションディスプレイが配され、センターコンソールは床から浮いたようなデザインになっている。また、フルカラー表示のヘッドアップディスプレイも装備している。
ソフトなグレインレザーが使用されたシートにはオレンジ色のステッチが施されており、室内を彩るライン状に伸びたLEDライトもオレンジ色だ。また、フロントシートの背もたれの後ろにトラベル&コンフォート・システムをつけることで、折りたたみテーブルやタブレットPCなどの装着が可能になるほか、車からリアルタイムでデータを取得しながらエコドライビングを競うiPad用のゲームアプリを用意しているという。後席は必要に応じて3席それぞれを倒してフラットにすることができる。

では早速、近未来的なインテリアの様子をギャラリーでチェックしてみよう。

Related Gallery:2012 BMW Concept Active Tourer Photos


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー