マツダは、2012年10月18~28日にオーストラリアのシドニーで開催される「2012年オーストラリア国際自動車ショー」で、クロスオーバーSUVの「CX-9」のマイナーチェンジモデルを世界初公開する。この新型「CX-9」は、2012年後半よりオーストラリア市場に導入する予定だ。

「CX-9」は、スポーティで存在感際立つ外観と上質な室内空間、3列SUVならではのフレキシビリティ、そしてZOOM、ZOOMに評されるドライビングを融合した、クロスオーバーSUVだ。現在のマツダのラインナップでは、センティア等の高級セダンがないため、マツダ最上級モデルとして北米やオーストラリアをはじめとする74ヵ国で販売され、グローバル累計販売台数は21万台を超える人気モデルとなっている。

そして今回の新型「CX-9」では、現行モデルの高い実用性や、ダイナミック且つ上質な走りを継承しながら、マツダの新しいデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」の要素をフロントとリアに取り入れ、従来に増してスポーティで力強い存在感を放つスタイリングへと進化している。さらに、クラフトマンシップを強化し、インテリアをより質感高く仕上げている。

ボディデザインについては以前紹介したが、モータートレンド誌の『女性の目につくクルマ』という特集でポルシェやレクサスと並び「CX-9」のデザインが評価を得るなど、現行モデルからデザイン性には定評があるのだ。装備類は、最新のオーディオ、ナビゲーションシステム、音声認識機能など、ドライブの楽しさをより引き立てるインフォテーメントシステムや、前方衝突警報システム、車線逸脱警報システム、ハイビームコントロールシステムなど安心の走りを支える安全装備を採用している。

以前、米オンラインメディア『24/7 Wall Street』が危険な車ランキングを発表した記事を紹介し、その中で現行「CX-9」は4位という不名誉な結果となっていたが、今回のマイナーチェンジで安全装備が充実した点もあり、ウイークポイントの安全面も対策されより魅力的に仕上げられている。パワートレインは、残念ながら現行モデルに引き続き、MZI 3.7L V6エンジンと6速オートマチックトランスミッションを組み合わせとなっており、SKYACTIV-D等の搭載は見送られる。

日本にはボディサイズが大きいため導入されておらず、弟分の「CX-7」が2006年より日本国内で販売され2011年12月で国内向けの生産が終了し、さらに弟分の「CX-5」にその座を譲るなどダウンサイジングが進められているため、残念ながら新型「CX-9」の国内導入は難しいだろう。

現行「CX-9」の動画

Related Gallery:Canon PowerShot D20, ELPH 530 & 320


【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してアルピーヌやチンクェチェントのミニカーを当てよう!!
【PR】新型CX-5の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!

<人気フォトギャラリー>


Related Gallery:Number Pad