Autoblogでは以前から何度かロシア発の路上ハプニング映像をお届けししているが、今回は相手が車や人間ではなく低空飛行の軍用機というショッキングな映像をご紹介しよう。


この映像は、ロシアのヴォルゴグラード州カラチ=ナ=ドヌーとロストフ州ロストフ・ナ・ドヌを結ぶ民間道路M-4上で普通車の車載カメラにより撮られたもの。まわりに対向車もあまりないハイウェイを走行中、ん?前方に何か煙が...と考える暇もなく、大きな物体が迫って来る。それは驚くことに、ロシア空軍の戦闘機※だった。2基のエンジンと可変翼から、車をなめるような低空飛行で過ぎていった航空機はSu-24(スホーイ24/フェンサー)戦闘爆撃機と推測される。なんとも恐ろしい体験だが、戦車に衝突されなかっただけ良しとすべきか。

最近ロシアではこうした民間道路での軍用機の低空飛行が何回か車載カメラにとらえられており、ネット上でこうしてニュースになったことから、軍検察当局や連邦航空運輸局が調査に乗り出したという。それでは、何に出くわすか予想がつかないロシアのハイウエイでの一瞬をご覧いただこう。

※訳注:一般的な表現の便宜上「戦闘機」としたが、Su-24のロシア空軍の正式な分類は Фронтовой Бомбардировщик (前線爆撃機) なので、攻撃機もしくは戦術爆撃機がより正確な名称になる。



記事元:PROCHANYouTube(※)
(※)掲載映像は、YouTubeに投稿されたオリジナル映像の画像と音声がずれていたのを修正したもの。

【PR】京商から、「Bburago(ブラゴ)」製1/18スケール・モデルカーをAutoblog読者にプレゼント!!
【PR】戦闘爆撃機の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!