ルノー・ジャポンは、コンセプトカーの「カングーわんこ」号を8月23日~26に千葉県の幕張メッセで開催された人とペットの豊かな暮らしフェア"インターペット"で公開した。"インターペット"は、ペットとワンクラス上のライフスタイルを提案するイベントとして2011年夏に初開催され、今回が2回目の開催となる。イベントとしてはメインがペットの小物の出展となっており、自動車メーカーの出品はルノー・ジャポンとメルセデス・ベンツの2社のみとなっている。(メルセデス・ベンツは車両展示+既製品の展示のみ)

ちなみに、ルノー・ジャポンは9月29~30日に静岡県富士宮市のふもとっぱらキャンプ場で開催されるおしゃれでゆるいキャンプイベント"GOOUT CAMP"で「カングー」エリアと呼ばれるカングーオーナー向けの特設キャンプサイトを設け、約1,000平米の広大な"カングードッグラン"を用意。その中ではドッグトレーナーのサポートの元、アジリティーチャレンジ入門編(犬の障害物競走)や犬用のおやつのサンプリング、エチケット用ウンチ袋の無料配布を行うなど、"わんこと走れ"をキャッチフレーズに愛犬と「カングー」とのライフスタイルを提案している。


「カングーわんこ」号は、随所に犬のキャラクターをあしらった特別なラッピングを外装に催した他、車内に犬を乗せる場合に便利なラゲージ用マット、シートカバー、空気清浄機、ティッシュケース、小物入れ等が装着されており、愛犬家には大変魅力的な仕様となっている。今回展示された製品としては残念ながら外装の特別仕様は用意されないということではあるが、縫製品は近日中に発売するとのことだ。「カングー」は輸入車では珍しいコマーシャルビークルであるが、おしゃれで実用的なペットとのライフスタイルを送るギアとしては最適な一台ではないだろうか。

公式サイト:ルノー・ジャポン

Related Gallery:kangoo wanko


【補足】rakugakidou.net
【PR】 カングーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!