【噂】新型「ゴルフ」にカーボンとアルミを多用した軽量型GTIが登場!?
米自動車専門誌『Autocar』は、フォルクスワーゲンがボディにカーボンファイバーとアルミを多用した「カーボン・ゴルフGTI」を開発していると報じた。

カーボン・ゴルフGTIは、ボンネットやルーフにカーボンファイバーを使用し、キャビンとエンジンルームを仕切る隔壁や、ウィンドシールド・フレーム、フロアパネルなどには軽量アルミニウムを採用しているという。結果、車重は6代目の「GTI」より200kg軽い1125kgになっているそうだ。

エンジンは、既存の225psを発揮するターボチャージャー付き2リッター4気筒だが、軽量化により0-100km/h加速は6秒未満を達成しているという。より走りが楽しめそうな新型GTIの誕生がいまから待ち遠しい。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニやポルシェのミニカーを当てよう!!
【PR】ゴルフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!