【ビデオ】これでイライラともさよなら!? 学生が発明した信号待ちの秘策マシン!
横断歩道で信号を待っている間、退屈で仕方がない人にぴったりのマシンがドイツで開発されたというのでご紹介しよう。

まるで押しボタン式の横断歩道にあるような箱型の小さなマシン。実はドイツ北部の町、ヒルデスハイムにあるHAWK大学のデジタルメディア科に通う学生が考案した、信号の待ち時間にプレイできるゲームなのだ。ゲームの内容は、アメリカやヨーロッパで1970年代から80年代前半にかけて人気のあった『Pong』をベースにした卓球ゲームで、道路の反対側にいる歩行者と対戦できるようになっている。ゲームをしている様子がビデオで公開されているが、実はこの映像そのものがコンピューターで製作した合成映像だという。さすがデジタルメディアを学んでいる学生だ。

映像はドイツ語(英語字幕付き)だが、アイディアは十分に伝わってくる。それでは早速、映像をご覧いただきたい。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニやポルシェのミニカーを当てよう!!
【PR】ゲームをプレイする前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!