実は大赤字! シボレー「ボルト」の製造コストは1台8万ドル!?
昨年、GMの電気自動車シボレー「ボルト」の製造コストが、1台あたり25万ドル(1944万円)といううわさ話がネット上を賑わせていたが、もちろんこれは全くのガセ。しかし、9月10日にロイター通信が自動車業界のコンサルタントによる情報として、ボルトが1台につき、約8万ドル(約622万円)はかかっていると報じた。

ロイター通信によると、GMはボルトの開発プロジェクトに推定12億ドル(約933億円)を投資。この投資額を2012年8月までの米国内における販売台数21,500台で割ると、1台にかかった開発費は56,000ドル(約435万円)。さらに、材料費や人件費といった製造コストが1台当たり24,000ドル(約187万円)かかっており、合計で8万ドルとしている。これらには、広告費やマーケティングコスト、海外での販売台数(オペル「アンペラ」も含む)は反映されていない。

しかし、GMはこのロイターの報道に対し、プレスリリースで「ロイターが見積もった8万ドルという数字は、あくまで現在の販売台数に固執したもので、はなはだ間違いである」と真っ向から否定。具体的な製造コストについて言及していないが、グローバルプロダクトプログラム統括責任者のダグ・パークス氏はロイターの取材に「たしかに、我々はまだ利益を上げていないが、いずれ利益を出せるのは間違いない。販売台数は増加し続けているし、新世代モデルにも着手して状況を好転させていく」と語っている。ちなみにボルトの販売価格は米で3万9145ドル(州からの補助金を使えば、もっと安く購入できる)から。この数字だけを見ると、GMの苦戦は間違いないようだ。GMが反論する全文(英語)を用意したので、こちらもチェックしてみてほしい。

Related Gallery:2011 Chevrolet Volt Review Photos


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニやポルシェのミニカーを当てよう!!
【PR】ハマーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!