キーワードは「発電」! スズキ、新型「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」を発表!
スズキは6日、ワゴン・タイプの軽自動車「ワゴンR」をフルモデルチェンジ。独自の減速エネルギー回生機構「ENE-CHARGE(エネチャージ)」をはじめとする数々の技術よって、軽ワゴンNo.1の低燃費を実現したという。

それまで軽自動車で主流だったハッチバックでもワンボックスでもない、「トールワゴン」というカテゴリーを作り出した初代「ワゴンR」が登場したのは1993年。「背を高くすることによって全長・全幅が規定されている軽自動車の室内を広くする」というアイディアには、瞬く間に他社も追随し、現在では販売台数の多い軽自動車がほとんどすべてこのタイプ、という状況であることはご存じの通り。そんな軽ワゴンのパイオニア、ワゴンRは今回のモデルチェンジで5代目となる。


すでに一週間ほど前からTVCMで放映されていた「"発電" エコカー」というティザー広告をご覧になった方も多いだろう。"いよいよレンジエクステンダー付きスイフトの発売か!?" と期待した人も多かったのではないかと思うのだが、残念ながらそれはもう少し先のことになるらしい。今回発売されたワゴンRは、減速時に発生する運動エネルギーで、オルタネーターを稼働させて電気を発生させ、それをバッテリーに蓄えておき、その電気でメーターやストップランプ、燃料噴射装置など、クルマの走行に必要な電装品の電力として利用しようというもの。エンジンは通常走行時において発電という負担から解放されるため、燃料消費量が抑制されるという仕組みだ。

この減速エネルギー回生機構というシステムは、すでにハイブリッドカーや高級サルーンなどを中心に、燃費を向上させるためには採用するのが当たり前の技術として普及しているが、新型ワゴンRのENE-CHARGEでは、これまで以上に高効率・高出力のオルタネーター(一般的な軽自動車用の約2倍)を搭載し、そこで発生する電気を蓄えるために、既存の鉛バッテリー(ただしアイドリングストップ機能搭載車用の耐久性に優れたタイプ)に加え、助手席の下に小型のリチウムイオン電池を搭載。2つのバッテリーでより多くの電気を効率よく蓄えることが可能になっている。

スズキでは「リチウムイオンバッテリー」と表記しているが、正確には東芝の「SCiB」という2次電池が採用されているようだ。これは通常のリチウムイオン・バッテリーに比べ、サイクル寿命が長く、低温性能に優れている上、事故の際にもし破損してショートを起こしても発火しにくいという安全面でも優れた特徴を持つ。



そして新型ワゴンRが採用した新しい環境技術でユニークなものがもう一つ。それはアイドリングストップ機能によりエアコンまで停止してしまった時に、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制するという「ECO-COOL」と名付けられた機構だ。仕組みとしては、エアコン空調ユニット内にある、エバポレーターという冷媒の気化によって冷却を行う装置の中に、短時間で凍る蓄冷材を採用するというもの。クルマがまだ停止しているのに、車内温度上昇からエアコンを作動させるという目的のためだけにエンジンを再始動する時間を減らし、燃料消費を抑える効果がある。また、そのアイドリングストップ機能も、アクセルを閉じたときから燃料をカットし、さらにブレーキを踏んで車速が13km/h以下になるとエンジンを停止するという「新アイドリングストップシステム」に進化した。

これらの新機能の他にも、先代モデルと比べて最大70kgに及ぶという軽量化や、パワートレインの高効率化、各部の摩擦抵抗低減など、「基礎技術を徹底して追求した」ことにより、新型ワゴンRは自然吸気エンジン搭載車で28.8km/リッターという、軽ワゴン(全高1,550mm以上の軽自動車)ではNo.1の低燃費を実現。ターボ・エンジン搭載車でも26.8km/リッターを記録したという(いずれも2輪駆動モデルの場合)。

環境性能以外の面では、ホイールベースを先代よりも25mm延ばして2,425mmとしたことにより、室内空間が一層広くなったなどの改良点も。特に室内長は130mmも拡大している。トランスミッションは全車CVTのみとなった。



価格は自然吸気・前輪駆動の「FX」が110万9,800円から、内外装の意匠が異なる姉妹モデル「ワゴンRスティングレー」のターボ・4輪駆動モデル「T 4WD」の161万3,850円まで(いずれも消費税込み)。エコカー減税の対象となるので、4輪駆動ターボ車も含め、全車で自動車取得税および自動車重量税が免税となる。発売はワゴンRが本日9月6日から、ワゴンRスティングレーは遅れて9月19日からとなっている。

詳しいスペックなどの情報については、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

スズキ ワゴンR


Related Gallery: