【ビデオ】思わずクスッ! カーチェイスならぬ
今回は、オーストラリアのビールメーカー「カールトン」社の面白コマーシャルをご紹介しよう。

CMの舞台は、ロサンゼルスのとあるバー。一仕事を終えたオーストラリア人の銀行強盗4人組が、バーテンダーにカールトンの生ビールを注文する。ところが、グラスを持ち上げて勝利の美酒を味わおうとした瞬間、バーの客全員が警察官であることに気づいた。

強盗たちは急いで逃走しようとするが、手にはビールがなみなみと注がれたグラスが握られたまま。飲酒運転はもちろんCMの演出上できないので(笑)、店の前に車を置き去りにして走り出す。彼らを追う警察もまたしかり。この逃走と追跡を繰り広げる様子は、まるで70年代の古典的カーチェイスのようだ。

それではビデオをクリックして、カーチェイスならぬ"ビールチェイス"の結末をチェックしてみてほしい。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ビールの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!