ドバイでカーチェイスの末に最高時速350kmの改造日産「サファリ」が御用に!
ドバイでは現在、改造車による違法公道レースに対して警察が取り締まりを強化しており、先日もハリウッド映画顔負けのカーチェイスを繰り広げた一人の男性ドライバーが逮捕された。この男性が乗っていた車、なんとスーパーカー並みの最高時速350kmで走れるよう改造された日産「パトロール」(日本名:サファリ。日本国内向けは07年に販売が終了)だったという。

レポートによると、車の持ち主はエンジンやボディはもちろんのこと、ジェット燃料で走れるようにするなど、約530万円をつぎ込んで愛車のパトロールに改造していたそうだ。逮捕された男性は現在、こうした車の違法改造に加え、無謀運転や登録期限の失効、さらに公務執行妨害の罪にも問われているという。また、改造は地元の自動車修理工場で行ったそうだが、この工場の関係者によると、同じような改造をしている車が他にも数台あるという。

ちなみに、ドバイの警察はこの男性が逮捕されたラマダン中(7月20日~8月19日)の取り締まり強化期間に、120台以上の違法改造車を捕まえ、さらに約1700台が今後の捜査の対象になっているという。

Related Gallery:Coach Fall 2014


By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】サファリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!