【レポート】ガソリンスタンドから8000リッターものガソリン盗難事件が発生!
米インディアナ州ハモンドにある英石油大手BPのガソリンスタンドで、約8000リッターにのぼる大量のガソリンがタンクローリーによって盗まれるという、信じられないような事件が起こった。

スタンドの店員によれば、タンクローリーの運転手が「ガソリンの検査のため、貯蔵されているガソリンを引き上げに来た」と言ったため、すぐに貯蔵タンクに案内したという。折しも先月、同じ地域にあるBPのGSで販売したガソリンに異物が混入されていたと思われる不具合が発生していたため、店員は易々とその言葉を信用してしまったようだ。AP通信は、「BPではタンクローリーが貯蔵タンクからガソリンを抜いていくことは珍しくないが、その際に代わりのガソリンを置いていかないことはあり得ない」という同スタンド責任者のコメントを伝えている。

地元警察によれば被害推定額は約67万円。なお、ハモンドではBP以外にも2カ所のガソリンスタンドが給油ポンプに細工をされ、合計で約1300リッターのガソリンを盗まれる被害に遭っているという。

By Chris Tutor
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ガソリンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!