【ビデオ】フランスのス-パーEV「Furtive-eGT」をニュルブルクリンクで試乗!
今回は、ドイツで「ニュルブルクリンクの女王」と呼ばれているサビーネ・シュミッツが、フランスの自動車メーカー、エクサゴンモーターズの「Furtive-eGT」を試乗したビデオを入手したのでご紹介しよう。

Furtive-eGは、2010年のパリモーターショーで発表されたスーパーカータイプのEV。シュミッツは同車について、「重心が低くて、ドライビングに安定感がある。加速、グリップ、ブレーキングのどれをとっても申し分なく、まるで雲の上に乗っているかのようだった」と称賛している。

また、同車の0-100km/h加速は3.6秒で、バッテリーのみで時速約109kmで走った場合、約241km走れるそうだが、オプションでレンジエクステンダーも用意されているという。

Furtive-eGの市販モデルは9月29日から開催されるパリモーターショーで発表される予定なので、こちらも期待したい。

Related Gallery:




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】 rakugakidou.net
【PR】Furtive-eGの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!