【ビデオ】「世界最高のドラッグレース」を今年も開催!9台の頂点に立つのはどの車?
米車情報誌『Motor Trend』が、同誌恒例のベスト・ドライバーズ・カー選抜の一環として、昨年に引き続き「世界最高のドラッグレース」と称するレースを開催。ベスト・ドライバーズ・カーにノミネートされたスーパーカー9台が参戦した。

昨年のレースでは、日産「GT-R」フェラーリ「458イタリア」に僅差で勝ち優勝していている。今年は、GT-Rが新型モデルで戦いに挑んだが、フェラーリの姿はない。そこで注目が集まるのは、初参戦となる新型車ランボルギーニ「アヴェンタドール」マクラーレン「MP4-12C」との対決だ。その他には、メルセデス・ベンツ「C63 AMG ブラックシリーズクーペ」シボレー「カマロZL1」フォード「シェルビーGT500」スバル「BRZ」ジャガー「XKR-S」ポルシェ「911カレラS」が参戦した。

最高出力200psのスバルBRZはかなり遅れて最下位でのゴールとなったが、視界を遮る車がいないゴール直前のコースを独占して、得意のドリフトを披露してくれた。直線の加速では最下位をマークしたものの、最終的には今年のベスト・ドライバーズ・カーで4位を受賞するというすばらしい功績を上げている。

早速、レース結果をビデオでチェックしてみよう。また、ビデオの最後にはレースに参加した全マシンが順番にエンジン音を披露しているので、お聞き逃しなく。




By George Kennedy
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】レースに勝った車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!