【ビデオ】ランエボが崖下へ転げ落ちる大クラッシュ!
世界で最も過酷で危険なヒルクライムレースとして知られるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムが8月12日に閉幕したが、その最終日に目を覆うような落下事故が起きていた。今回はその一部始終を映像でお伝えしよう。

最終日に行われたタイムアタックに三菱「ランサーエボリューション8」で出場したジェレミー・フォーリー選手が、マイル16の指標付近で、カーブを曲がりきれず、崖下に転落。車は、山肌にボディを叩きつけ、横転を繰り返し、ようやく止まった時には、フレームだけの無残な姿になっていた。 病院に搬送されたフォーリー選手とコドライバーは、奇跡的にも骨折ひとつなく、2人とも既に退院したと伝えられている。

それでは、急斜面を転げ落ちるランエボの衝撃的な事故映像をチェックしてみよう。

Related Gallery:




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】 carview.co.jp Yahoo!映像トピックス
【PR】 ランエボの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!