【ビデオ】風洞実験でMINI「JWC GP」の速さを証明!
限定2000台で年内発売予定のMINI「ジョン・クーパー・ワークスGP(JCW GP)」は、ニュルブルクリンクでMINIの市販車としては最速の8分23秒のラップタイムをマークするなど、速さがウリのモデル。今回は同車のエアロダイナミクスの良さがそのスピードに一役買っていることを証明する映像をご紹介しよう。

MINIによると、JCW GPは「クーパー」に比べ、空気抵抗が6%低く、またフロントアクスルに作用する揚力は30%、リアアクスルに作用する揚力は90%も減少しているという。結果、走行時の安定性が増し、ハイスピードでのコーナリングが可能になったそうだ。

よりドライビングを楽しめるよう設計されたJCW GP。その風洞実験の様子をチェックしてみよう。

Related Gallery:




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー