【ビデオ】怒涛の走り! 新型「バイパー」がついにレースデビュー!!
クライスラー「バイパーGTS-R」がついにレースデビューを飾った。今回は、その映像をお届けしよう。

デビュー戦の舞台となったのは、先週末、米オハイオ州のミッドオハイオ・スポーツカー・コースで開催されたアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)第6戦。クライスラーのバイパー開発チーム、SRT(ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー)は、このレースに最大出力461psを発揮する8.0リッターV10エンジン搭載車を2台、エントリーした。結果は10位と12位だったが、初レースにしてはまずまずの成績と言えるだろう。8月16日からウィスコンシン州で行われる第7戦に向けての、貴重なデータ収集の機会にもなったはずだ。

では早速、2本のビデオで「バイバーGTS-R」の走りっぷりと"轟音"をお楽しみ頂きたい。

Related Gallery:






By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 バイパーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!