【ビデオ】 ニューヨークで行われた82年製ホンダ「シビック」のお葬式!
1982年製のホンダシビック」の華々しい葬儀パレードの様子を伝える映像が届いたので、ご紹介しよう。

サビだらけでボロボロのこのシビックは、住み慣れた米ニューヨーク州インウッドの街中を隣人達に囲まれゆっくりと走行。オーナーであるハリー・エトリン氏は、このシビックのボディカラーがかつて青だったことから"ブルーイー"という愛称で呼び、30年間を共に過ごしてきた。ブルーイーは、80年代には3台の玉突き事故にあったり、90年代にはワシントンで暴徒に襲われたりもしたが、ニューヨークの街を約27万キロも走り回ったそうだ。しかし、さすがに車体の老朽化が激しくエリントン氏はついに廃車にすることに踏み切ったという。

それでは、いかにもアメリカらしいブルーイーのお葬式の様子と、ブルーイーとの30年にわたる良き思い出を語るエトリン氏の姿を2本のビデオでチェックしてみよう。





By Scott Burgess
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 シビックの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!