【オフィシャル】もう「遅い」とは言わせない! ホンダ「CR-Z」向けスーパーチャージャー
米カルフォルニア州で30年以上にわたってホンダ車のチューニングやレース用マシーンの開発を手がけているジャクソン・レーシングが、「CR-Z」向けのスーパーチャージャーを発表した。

【オフィシャル】もう「遅い」とは言わせない! ホンダ「CR-Z」向けスーパーチャージャー現行のCR-Zは、最大出力140ps、最大トルク16kgmを発揮する1.5リッター直列4気筒i-VTECエンジンとIMAを搭載したスポーツタイプのハイブリッド・カー。これに同社が開発したスーパーチャージャー(最大過給圧8psi)を装着すると、最大出力が193ps、最大トルクが23kgmまで向上するという。CR-Zに物足りなさを感じていたファンには待望のパーツと言えるだろう。また、CR-Zは米でゼロ排出ガス車としての認定を受けているが、スーパーチャージャー装着車にも同様の認定を取得できるよう開発には8ヶ月をかけたという。

このスーパーチャージャーは6速MT車向けだが、売れ行きによっては、AT車向けも発売する用意があるとのこと。日本での発売は現在のところ未定だが、米国での販売価格は3,995ドル(約312,000円)からとなっている。

詳細はプレスリリース(英語)でご覧いただきたい。

By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】CR-Zの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!