【噂】アストンの「シグネット」みたいな!? レクサスが「アクア」ベースの新型車を開発中
マレーシアのオートメディア『Paultan』によると、レクサスはトヨタの「アクア」をベースとしたコンパクトなハイブリッドカーを開発しているという。この新型車のモデル名について同サイトは「AS 150h」としているが、これが正式な名称なのかどうかは分かってない。

AS 150hのパワートレインは、アクアと同じ1.5リッターのハイブリッドシステムが採用されると思われる。また、1.2リッターのターボチャージャー付直噴エンジンを使った「AS150t F Sport」というモデルを同時に発表する計画もあるようだ。

レクサスは2009年にハイブリッドカーの「SH 250h」を発表したものの、売り上げの不調によりわずか3年余りで生産終了を宣言。それに代わる車として、運転と燃費の性能をアップさせた「CT 200h」を発表し、ハイブリッドモデルにおける同社の意地を見せつけた。果たしてレクサスのコンパクトハイブリッドカーは実現するのか? 期待して待っていよう。

Related Gallery:


By George Kennedy
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べてみよう!