【レポート】「GT-R」は現行モデルで終了!?
日産が「GT-R」の新型モデルの開発を見送るのではないかという情報が、米クルマ情報サイト『Inside Line』から飛び込んできた。

同サイトによると、日産の社長兼CEOカルロス・ゴーン氏が、次期モデルの開発へのゴーサインを未だに出していないという。また、同サイトはその原因をアメリカでの売り上げが6000台にも満たないという売り上げの低迷によるものではないかと予測している。

米でのGT-Rの売れ行き不振はその価格設定にもあると思われる。発売当初の価格は、標準モデルで69,850ドル(約550万円)、プレミアムモデルが79,090ドル(約560万円)だったが、標準モデルがなくなりプレミアムモデルに一本化された2010年には、84,060ドル(約660万円)に。そして、最新型の2013年モデルでは、最高出力が487psから573psへと引き上げられているものの、価格も96,820ドル(約760万円)にまで上がった。この価格なら他のスポーツカーを選ぶという人も多いだろう。

ゴーン氏の心中は明らかではないが、GT-Rの開発責任者である水野和敏氏の引退が近づいていることも理由の一因と考えられる。

とはいえ、売れ行きとは関係なく根強いGT-Rファンがいるのも確か。このまま消えてしまうというようなことだけは、何が何でも避けてもらいたい。

Related Gallery:Nokia Lumia 1320 review


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
美女と車と...犬?  ジョージ・クルーニーの元カノが、体を張って教える夏の危険

キミはニュースを見なかったのか!? アスリート2人「つぶやき」五輪追放、遅すぎた謝罪
【PR】GT-Rの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!