【レポート】エクレストンが破たんしたニュルブルクリンクの買収を検討?
破産宣告したニュルブルクリンクサーキットに対し、F1界のドンであるバーニー・エクレストン氏が「できることは何でもやる」とした記事を先日お伝えした。この言葉は本心のようで、エクレストン氏はニュルブルクリンクの買収を考えているという。

ビジネスメディア『ブルームバーグビジネスウィーク』によると、エクレストン氏は「自ら費用を負担してまでF1ドイツGPを開催するつもりはない」としたものの、「サーキットの買収には興味がある」と語っているという。

ニュルブルクリンクは、それまでの赤字を解消しようと2009年に敷地内に遊園地やショッピングモールなどを建設。しかし、集客が上手くいかず、経営がより悪化。EUへ救済措置を求めたが拒否され、現在に至っている。

もし、エクレストンの買収が実現すれば、ニュルブルクリンクの問題は即解決につながるだろう。今後の行方を見守りたい。

By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 新車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!