ユニークなバイクで知られるあのブランドが復活!
リーマンショック後の不況のあおりを受けて2009年から生産停止していたアメリカのスポーツバイクブランド、ビューエル。そんな同社が、このほど海外企業からの約16億円の出資を受け、エリック・ビューエル・レーシング(以下、EBR)のブランド名で生産を再開すると発表した。

EBRは詳細を明らかにしていないが、バイク誌の『アスファルト・アンド・ラバー』は、出資先を過去にもEBR買収に興味を示していたインド系の大手バイクメーカーのヒーロー・モト社ではないかと予想している。出資金はスタッフの拡充や生産拠点であるミルウォーキー工場の拡張にあてられ、現行のスーパースポーツバイク「EBR 1190RS」をベースにしたモデル(約160万円)を発売する予定だという。この新モデルはBMW「S 1000 RR」よりも高い価格設定であることから、ドゥカティ「1199パニガーレ」をライバル視したモデルになるだろう。

スポンサーを得て、めでたく再スタートを切るEBRだが、決して前途洋々というわけではない。新設のバイクメーカーが販売網を整備し、安定した生産体制を軌道に乗せるには80億円近い資金が必要となるという。ビューエルは今後もスポンサーによる支援を仰ぐことになると予想されるが、新しい出発に期待したいところだ。

Related Gallery:


By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【捕捉】 virginharley.com
【PR】EBRの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!