【ビデオ】信号無視の車が激突して宙に舞う事故映像! ところがこの映像が思わぬ波紋を
今回は、ニュージャージー州ローゼルパークで発生した交通事故の一部始終をとらえた映像をご紹介しよう。

映像では、交差点に走り込んできた黒い車が、青信号で直進していた車と接触し、信号機に激突。その衝撃で黒の車は宙に舞い、一回転をして着地した。この衝撃的な瞬間をとらえていたのは交差点に設置されていた監視カメラ。ちなみに、このカメラは赤信号を無視した車が現れたときだけ撮影するよう設計されているという。

ところが、この映像が公開されたことで別の問題が浮上した。映像を公開したのは交差点にカメラを設置したアメリカン・トラフィック・ソリューション社という会社。同社は、赤信号を無視した行為がいかに危険であるかを訴えるために、この事故映像を自社のウェブサイトに掲載したそうだ。ところが、それを見た市民から苦情が殺到。この監視カメラは事故を抑制するという本来の目的ではなく、交通違反の罰金を徴収するための証拠として使われているというのだ。また、市民側はこの交差点に信号無視の車が多いのは、黄信号の時間が短すぎるせいだとも主張している。この主張に対し、市警察側は「黄信号はそもそも交差点に進入するなという注意勧告であり、交通法規を守るべきだ」と反論。また、監視カメラを設置したことで信号無視が半減し事故が減っているとカメラ設置の正当性を訴えたという。

では早速、赤信号を無視するとどうなるか、恐ろしい交通事故の実態をビデオで確認してみよう。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 新車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!
【捕捉】 
rakugakidou.net