本日、CEATEC JAPAN 2012の概要発表記者会見がありました。Autoblogでは去年も取材をしましたが、今年は去年以上に取材を頑張る予定です。


CEATECは最先端のIT・エレクトロニクスの総合展のイベントです。医療、エネルギー分野などのカテゴリーのほか、今年の出展には東京モーターショー との連携をさらに強めた特別展⽰企画として、「Smart Mobility Innovation 2012 〜Team Technology Japan〜」を実施するとのことです。展示内容はEVをはじめ、電動バイク、電動アシスト自転車、ITS、そしてバッテリや車内ネットワークシステム、 カーオーディオ、カーナビゲーションシステム、エネルギー供給(充電)を含め、クルマの分野における最先端技術が発表されます。

また、ブース展示(あくまでも予定)としては、トヨタ、日産をはじめ、カーナビ製品で有名なクラリオン、それから、道路交通情報通信システムセンターが出展します。トヨタと日産は試乗体験も予定があるようなので、普段のモーターショーで見るのとは違った一面が見られることでしょう。新しい技術が組み込まれた内容が身近で体験できるのであれば、また楽しみでもあります。去年は震災を意識した内容が見られましたが、今年はどんな内容になるのかは気になるところです。

開催会場は幕張メッセ。開催時期は2012年10月2日(火)から10月6日(土)までで、うち、2日が特別招待日(プレス関係者)で、一般は2日~5 日。無料公開日は6日(入場無料ですが18歳以上は登録が必要とのこと)。入場料一般は大人一人1000円、学生は500円です。

公式サイト:CEATEC JAPAN

Related Gallery:GMC Canyon - Detroit 2014