【ビデオ】痛恨のミス! 優勝したと思ったら...
イタリア・ロードレース選手権でトップを走っていたレーサーが周回数を間違え、自分が優勝したと勘違いするハプニングが起きた。

珍事の主役は、リカルド・ルッソ選手。彼は、最終ラップに入ったとたん、あろうことか自分が優勝したものと思い込んでしまった。後続のレーサーが攻め続ける姿に何の疑いも抱かないまま、立ち上がって大きなガッツポーズを決め、喜びに酔いしれた。

中継も彼が大喜びする姿を捉えたが、途中で本当の優勝争いに切り替わってしまったため、ルッソ選手がその後どこで痛恨のミスに気づいたのかは定かではない。このレースで優勝トロフィーを逃したルッソ選手だが、本当に優勝した選手よりも我々の記憶には残るのは確かだろう。

では、他のレーサーが最終ラップを走る中、ガッツポーズで喜ぶルッソ選手と、その後のレースの展開をご覧いただきたい。




By Scott Burgess
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 バイクの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!