【レポート】20億4千万円のフェラーリ「250GTO」 がクラッシュ!
1962年型フェラーリ「250GTO」の事故のニュースが入ってきたので、お伝えしよう。

この250GTOの所有者、クリストファー・コックス氏は、2005年に同車を購入。それ以来、生産台数36台という世界でも希少かつ、価格にして$3000万(約23億8千万円)以上と思われるこの超高級車を普段の足としても乗り回すと同時に、世界各国で行われるカーイベントにも積極的に参加。昨年カリフォルニア州モントレーで行われた「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にも同車を出展していた。

事故が起きたのは、今年6月下旬に仏シャンパーニュデ地方で開催された250GTOの生誕50周年を祝う式典に向かう道中だったという。詳細については伝わってきていないが、同乗していた奥方は足を骨折してしまったそうだ。1日も早いご夫妻の回復を祈るばかりだ。

また、この250GTOが再び走る勇姿を見せてくれることを、心から期待したい。

Related Gallery:


By Drew Phillips
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!