【ビデオ】タイヤも回り、ドアも開く! 3Dプリンターで作った全長1cmの極小ミニカー
コンピューターを使ってデザインしたイメージを、立体的に作りだしてくれる3Dプリンター。最近このプリンターで、これまでよりも更に小さな物を作りだす技術が開発されたという。この技術を一般の人に分かりやすく理解してもらおうと作られたのが、なんと全長1cmのプラスチック製ミニカー。しかもちゃんとホイールが回転し、ドアも開くというのだからビックリだ。

このミニカー、なんと10セント硬貨の上にすっぽり2台収まるサイズ。硬貨の上でドアを開けても、たがいにぶつからないほど小さい。このミニカーを製作したShhapewaysはこの他に2cmと4cmサイズも用意したという。

超ハイテクな装置が生み出した極小サイズのミニカーを、ぜひビデオでご覧あれ。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ミニカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!