【ビデオ】飛距離が足らずに激突、炎上! 米のイベントで大アクシデント!! 
エキサイティングなスポーツイベントとして大人気のXゲームが先日、米ロサンゼルスで開催された。今回は、そのラリークロス部門の練習中に起きた衝撃アクシデントの映像をご紹介しよう。

事故に遭ったのはフィンランド出身のトーマス・ヘイッキネン。彼は15メートルのジャンプに挑戦していたのだが飛距離が足らず、彼の運転するフォード「フィエスタ」は着地側のエッジに正面衝突、逆さまの状態で地面に落下した。その後、燃料が漏れて引火し、マシンは炎上。へイッキネンは這って脱出したが、足首を骨折してしまい大会出場は不可能となってしまった。

では早速、アングルの異なる2つの映像をチェックしてみよう。






By Drew Phillips
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フィエスタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!