【噂】ランボルギーニが4人乗り「アヴェンタドールGT」を開発!?
ランボルギーニは来年3月のジュネーブモーターショーに向け、「アヴェンタドールLP700-4」の4人乗りバージョン「アヴェンタドールGTコンセプト」を開発しているようだ。車情報サイト『Motor Trend』が伝えているのでご紹介しよう。アヴェンタドールGTコンセプトは、ホイールベースを延長して後部座席を確保し、観音開き式の小さなリアドアをつけるという。

アヴェンタドールGTコンセプトは、ホイールベースを延長して4シーターを確保し、リアドアを観音開きにつけるという。ちなみに観音開きのリアドアはマツダ「RX-8」が採用している。

ランボルギーニで2シーター以外の車と言えば、4月の北京モーターショーで発表されたSUV「ウルス」の他、過去にはオフロード4WDの「LM002」や4ドア4シーターの「エストック・コンセプト」などがあったが、ミッドシップで4シーターというのはかなり珍しい。 アヴェンタドール系列では、来年1月のデトロイトオートショーで「アヴェンタドール ロードスター」が、また来年中に「アヴェンタドールSV(スーパーヴェローチェ)」が発表される予定。

アヴェンタドール以外のモデルでは、「セスト・エレメント」が来年発売。「ガヤルド」は9月のパリモーターショーでフェイスリフトしたあと、1年後のフランクフルトモーターショーアウディ「R8」に後を継がせると見られている。

Related Gallery:2012 Lamborghini Aventador LP700-4 Photos


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 ランボルギーニの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!