【ビデオ】驚愕のパワー! ディーゼル車のバーンアウト大会
今月、フィンランドのモータースポーツフェスティバルで、バーンアウトの激しさを競うイベントが行われ、パワフルなディーゼル車たちがその雄姿を披露した。

米国や日本では、ディーゼルエンジンと言えば大型トラックといった商業車か、フォルクスワーゲンのTDIのようなクリーンディーゼルしかイメージが湧かないはず。しかし、ヨーロッパではほとんどの車種にディーゼルエンジンが選択でき、さらに平凡なディーゼルエンジンをモンスターカーにしてしまうアフターマーケット用のパーツも豊富だ。

今回のイベントでは、直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツの「190D」や、ボルボ「740」などが登場。ドリフトを繰り返し、タイヤをバーンアウトさせ、白煙と黒煙を激しく巻きあげる。あまりの煙の多さに時折車が見えなくなってしまうほどだが、そのパワーを実感できることだろう。

早速その様子をチェックしてみよう。ビデオなら排気ガスを吸い込む心配もないので、存分に楽しめるだろう。








By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 ドイツ車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!