【ビデオ】開催間近のパイクスピークをテスト走行! マシンのパワーは1419ps!!
アメリカのコロラド州で7月8日開催予定のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム。本番を約2週間後に控えたポール・ダレンバックが、練習走行時の映像を公開してくれたのでご紹介しよう。

今年で第90回を迎えるこの伝統あるレースは、19.99kmの山道を160にも及ぶコーナーを切り抜けながら標高4301mの頂上まで一気に駆け上がるという世界一過酷なヒルクライムレース。ダレンバックは、今年もこのレースの最高峰とされる改造無制限のアンリミテッドクラスに出場予定だ。相棒となる車は、彼のスポンサーであるBanks Power社のエンジンを搭載した最高出力、驚異の1419psというシボレー。いたるところにオンボードカメラを設置して撮影したビデオには、そのスピード感やエンジンの唸り具合、さらには、超高速でコーナーを切る際にダレンバックが感じている振動まで余すところなく伝えている。昨年は、リタイアしてしまったが、今年はその雪辱を果たすべく、テストに余念がない様子だ。

それでは、オンボードカメラの一つが空中に吹き飛ばされるというハプニングまで飛び出した臨場感あふれるビデオをご覧いただきたい。 また、このレースで6連覇中の田嶋伸博選手の今年の活躍にも注目したい。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 新車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!