【ビデオ】「86」のリミテッド・スリップ・デフの説明ビデオを公開
今回は、サイオン「FR-S」(日本名:トヨタ「86」)のリミテッド・スリップ・デフ(LSD)について解説したビデオをご紹介しよう。

LSDとは、差動制限機能付きデファレンシャルギヤのこと。ぬかるみや雪道などで片方のタイヤがスリップした場合、そのタイヤにパワー伝達してしまうとタイヤを空転させてしまうことがある。そこで、デファレンシャルギヤの働きを制限して駆動輪の空転を抑え、トラクションや安定性を向上させたものがLSDだ。LSDには、左右のタイヤで回転数に差が出た時に差動を制限する「回転感応型」と、駆動系に大きなトルク反力が生じた時に差動制限する「トルク感応型」の2種類がある。後輪駆動のFR-Sは、トルク感応型の「トルセンLSD」を採用しており、コーナリング時の鋭い立ち上がり加速や、高いコントロール性能を実現している。

ビデオはわずか2分間だが、トルセンLSDの基本的な物理学をうまく説明している。デファレンシャルギヤLSDの仕組みについて理解するのに役立つので、チェックしてみてほしい。

Related Gallery:2014 Polar Bear Swim




By Jeff Sabatini
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 86の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!