【ビデオ】カスタムモデルの第2弾は世界最大の音量がウリ! 日産「ジュークボックス」
日産が世界最大の音量を誇る車載オーディオを搭載したコンセプトカーを発表した。その名も日産「ジュークボックス」だ。

これは日産が『Ministry of Sound(ミニストリー・オブ・サウンド)』とのコラボレーションで実現したもの。Ministry of Soundとは、この20年ほどで音楽業界はもちろん、ファッションや家電業界でも急速に成長したブランドで、始まりは1992年にロンドンにオープンしたクラブだった。今や世界的に有名になったこの巨大クラブを設計したのが、音響設計にかけては世界最高峰と言われるMartin Audio社であり、同社はそのノウハウを日産ジュークボックスに惜しみなく注いでいるという。

同車に搭載されたのは18インチの超低音用スピーカー、サブウーファー2基を備えた19キロワットの音響システム。なんと150デシベルという大音量を実現している。ジャンボジェットの離陸時をしのぐ音圧と言えば、どれ程の音量か想像がつくだろう。

日産ジュークボックスは、16日に決勝レースを迎えたル・マン24時間レースを皮切りに半年間の"ヨーロッパツアー"を開始した。ぜひそのパフォーマンスを体感したいところだが、ヨーロッパまで出かける機会はなさそうだという方のためにギャラリーと2本のビデオをご用意したので、早速ご覧いただきたい。

Related Gallery:







By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 ジュークの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!