ポルシェのチューニングやレストアを手掛け、ハイパフォーマンスなコンプリートカーを生み出すことで知られるドイツのルーフ社。今回『カーアンドドライバー』誌のジェスロ・ボービントン氏が同社を訪れ、伝説の名車1987型「CTR」と、その後継車「CTR3」に試乗した。

ルーフ社が最初に手掛けたポルシェは、1963年型ポルシェ「356」。その後1987年に「911カレラ」をベースにCTR(通称イエローバード)を製作し、その名を世に知らしめることとなる。軽量のボディパネルが使用されたCTRには、最高出力475ps 、最大トルク56.4kmg の3.4リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載されているが、実際のパワーはカタログスペック以上と言われていた。0‐100km/h加速は3.8秒で、87年に「Road&Track」誌が行った市販車最速を決める企画では、ポルシェ「959」や、ランボルギーニ「カウンタック」を抑え、時速340kmを記録。同誌はイエローバードを"世界最速の車"と称賛した。

ボービントン氏の試乗の様子とルーフ社を率いるルーフ氏へのインタビュー(英語)の映像、またニュルブルクリンクでルーフ社のテストドライバーがイエローバードを運転する映像の2本を用意したのでぜひご覧いただきたい。

Related Gallery:Ruf CTR3 Geneva 2012 Photos






By Jonathan Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー