ホットロッド専門誌『Hot Rod』が、ラットロッド仕様にカスタマイズした「1930年型フォード」とランボルギーニ「アベンタドール」を公道で走らせ、その"非実用性"を比較するという企画を行なった。同誌は2台が街中を抜け、砂漠で直線対決するまでの24時間を追跡している。今回はこの愉快な珍道中の映像をお届けしよう。

もとより車の実用性とは個人の好みによるもの。派手な外観で人目を引きたいドライバーにとって、ホンダ「シビック」フォード「スーパーデューティー F-450」はどれだけ荷物が積めても、魅力がないと言えるだろう。しかしながらラットロッドとスーパーカーは、一般的に非実用車の代表格とされている。今回対決した両車も実用性のなさにかけては甲乙つけがたいが、さて勝負はいかに? 気になる結果はビデオで確かめてほしい。



By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 アヴェンタドールの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!