【ビデオ】フェラーリが「カリフォルニア」にターボエンジンを搭載!?
フェラーリ社の専用テストコース、フィオラノ・サーキットでテスト走行している「カリフォルニア」をキャッチした。なぜいまさらカリフォルニアのテストなのか? 注目したいのは、そのエンジン音だ。

今回テストを行っていたカリフォルニアからは、ターボチャージャー特有の音が響いていた。ここしばらく、フェラーリからターボエンジンを積んだマシンは登場していない。かつてのアイコン的存在だった「F40」や、その前身ともいえる「288GTO」 はターボを積んでいたが、その生産終了は20年も前の話だ。しかし、このスパイ映像を見るかぎり、フェラーリ製ターボエンジンの復活はほぼ確実だと言えるだろう。

実際のところは、マセラティ向けにフェラーリ社が開発中だと言われているターボエンジンのテストのためにカリフォルニアが使われていた可能性もある。真相はまだ謎に包まれているが、まずはビデオをクリックして、このエンジン音を確認してほしい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー