マセラティの新型「クワトロポルテ」をキャッチ! エンジンはフェラーリ製ターボ?
車情報サイト『Car and Driver』が伝えたところによると、次世代マセラティ「クワトロポルテ」には、フェラーリの技術を投入した2種類の過給型エンジンが採用される予定だという。

1つは、最高出力527psを生み出す5.2リッターV8ターボチャージャー付きエンジン。そして、もう1つは、少排気量の最高出力426psのV6スーパーチャージャー付きエンジンだ。

これは、マセラティの開発陣が2014年のF1のレギュレーション変更に対応するため、フェラーリが1.6リッターV6ターボエンジンを開発中であることから着想を得たらしい。さらに、新型は車体にアルミを多用し、現行モデルよりも200kg以上の軽量化を図るという。

また、この2つの新型エンジンにはZF製8速ATトランスミッションが組み合わされ、現行モデルのセミATはなくなるそうだ。

これまでのところ、我々は幾度となくカムフラージュしたテスト走行中の次世代クワトロポルテを目にしているが、『Car and Driver』は、来年1月開催のデトロイトモーターショーでお披露目されると予想している。

Related Gallery:


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 マセラティの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!