「リーフ」「i-MiEV」を凌ぐリッター50キロの最高燃費を実現したホンダ「フィットEV」
この夏ホンダ「フィットEV」をリリースする予定のホンダ米国法人が、米国環境保護庁(EPA)の基準に基づいたEVの燃費表示(MPGe、マイル/ガロン相当)を発表した。これによると、ホンダ フィットEVの換算燃費はリッター約50キロ(118MPGe)、また1回の充電で可能な航続距離は約132キロ(82マイル) とEVで最高の燃費を誇ることが分かった。ちなみにこのMPGeという表記は、消費者がEVとエンジン車との比較がしやすいよう、EVが1マイル当たりに消費する電力量をガソリンの消費量に置き換えた数字だ。

ホンダが「燃費・航続距離共に業界トップ」と自負するフィットEVの詳しい換算燃費は、市街地走行でリッター約56キロ、高速道路でリッター約45キロ、平均リッター50キロとのことだ。ホンダが発表した比較表を見ると、同車のMPGe数値は、日産「リーフ」の99 MPGe で73マイル、三菱「i-MiEV」の112 MPGe で62マイル、フォード「フォーカス・エレクトリック」の105 MPGeで76マイルという3車種の数値を全て上回っている。

フィットEVは、まずカリフォルニア州とオレゴン州の一部でリース販売が開始され、来年には東海岸での実施が予定されている。月々のリース料金は約32000円からで、販売価格はおよそ292万円とのこと。ホンダは北米市場へ3年間で1100台のフィットEVをリリースする予定だという。

ホンダ「フィットEV」の自信に満ちた(?)姿をギャラリーでチェックしてほしい。

Related Gallery:2013 Honda Fit EV LA 2011 Photos


「リーフ」「i-MiEV」を凌ぐリッター50キロの最高燃費を実現したホンダ「フィットEV」

By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 ホンダ「フィットEV」の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!